2017.07/19(Wed)

【だんな様は霊能力者】 していい苦労、しなくていい苦労 

苦労は買ってでもせよ、と言われて育った人も多いことでしょう。
確かに、苦労をしただけ成長すれば、どんな苦労も報われる。

でもって、苦労をしている間に、何を学ぶか、その視点が大事。
視点を持てるほどの準備が整っていれば、する価値のある苦労でしょう。
残念ながら、苦しい・・・としか思えない状況なら、それはしなくていい苦労、
と言い切ってしまいましょう。
だって、その苦労の中から生まれるものといえば、
何で自分だけ・・・みたいな、超ネガティブな音が聞こえてきますもの。

だから、何をしていても、何を「視ながら」やっているか、
その視点が何より大事。
でないと、その段階の「宿題」はいつまで経っても終わりません。
まあ、そこで心地よいのなら、それは本人の自由ですが。

とはいえ、人間、疲れることもありますから、そんなときは、
ちゃんと体と心を休めてから。
疲れたままの体や心で、いくら必死に頑張っても、こなすことが
精いっぱいで、「視て、自分のモノにする」余裕は生まれません。

今日、ある場所で、ある人が仕事のことで悩まれているという話を聞きました。
二者選択の厳しい状況だと。
いやいや、こういう方法も、こんな方法もありますよね~。
ここに居れば、伝えてあげられるけど、わざわざ言うことでもないし・・・。
という話の展開。

だんな様が常々、自分の居場所を3カ所は作っておきなさいと言います。
数学的に表現すれば、3方向から見れば、おおよそ自分の位置が、
3次元世界で、視えてくるはず。
4次元以上、自分の姿が、神仏から見た自分の姿が見えるように
なることも目標の一つにしたいものですね。

いずれにしても、自分が抱えている問題や恐怖。
ひょっとしたら、狭い場所に閉じこもっているから、そう感じるのかもしれません。
そして、一旦、「ああ、恐怖に感じるほどのことではなかった・・・」とわかったら、
決して、逆戻りしないこと。

心というのは、なぜか、悩みたがりなところがあるので、
かき集めてでも、心配事を作ろうとします。
結果、幸せなのに、それを感じないまま、
視点は、今、目の前にないことに。

確かに、今、幸せでも、明日は何が起こるかわからないってこと、
ありますが、それこそ、悩んだって仕方がない。
やるべきことを、やりましょう!
そして、やるべきことをやっているんだから、悪くなるはずがないと、
しっかり自分のことを信じましょう。

しなくていい苦労をしている人の共通点は、不安に心を100%奪われてしまっている
というのが原因ってのが少なくありません。
そして、自分の手にないものばかりを見つめては、
人と比較して、羨望、嫉妬してしまいがち。

何を見て、何を苦労するか、決めましょう。
決めたら、迷わず、苦労しましょう。
苦労を苦労と思わない、工夫をして、楽しんじゃいましょう!


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
kumiのブログ-バーナー

スポンサーサイト
EDIT  |  04:28 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |