2017.08/07(Mon)

【だんな様は霊能力者】 結婚式と神前の誓詞奏上 

結婚式といえば、神前、仏前、人前、そして教会での結婚式。
スタイルはそれぞれです。
12月にお呼ばれした結婚式は教会で。
先月の結婚式はホテル内の神前で。
そして、今日もまた神前での結婚式。

いずれも、夫婦になるにおいての宣言をします。
神前の場合は「誓詞奏上」と呼ばれるそうですが、
その宣言の内容とやら、なかなか難しい。
いやいや、宣言を読み上げるより、実行するのは、もっと難しい。

若いころは内容もあまり深く考えずに聞いていましたが、
まさに、相手がいる修行(笑)
「結婚」の意味や重さが伝わってきます。
結婚式など、しても、しなくても変わらないみたいな時代がありましたが、
こうしてきちんと区切りを付けて行く意味。
今日の結婚式では、しっかり伝わってきました。

その中で繰り返して出てきた「家のこと」という言葉。
つまりは、家庭を意味しているんでしょうけど、
それをどうやって、うまく、どうやって、幸せな場所にしていくか。
まずは、その気持ちをしっかり神前で宣言していくのです。

夫婦は社会の最小単位。
これもいつかの結婚式で耳にした言葉ですが、
ここから始まる家の創造。
良く良く、中身を吟味すると、云うは易し・・・なことばかり。

それでも、結婚式、披露宴という区切りの時間が、
しっかりお嫁さんをもらい
しっかりご主人になる
決心を少しずつ、はっきり明確なものにしていく時間。

今回の結婚式も、結婚されるお二人らしい、
心のこもった結婚式でした。
そして、これから、社会の最小単位を作り上げていく
プロセスが始まります。

色んなことがあるでしょうけど、自分が宣言した中身を
人生をともに生きていく中で、具体的に乗り越えて行く。

お二人に幸あれ!




連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

スポンサーサイト
EDIT  |  02:27 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |