FC2ブログ

2017.08/26(Sat)

【だんな様は霊能力者】 ピンチはチャンス 

どんなことでもそうですが、問題の本質というのは、
わかっているようで、わかりにくい。
自分でも無意識のうちに、自分の一番苦手なところは、
避けていたりします。
避けて、見ないふりをしている自分を見ないふりしている間に、
本当に見えなくなるから不思議です。

何か問題が起こった場合、自分で決めて行動するしかないけど、
その解決策がちょっぴり的外れになってしまうのは、
目を背けていることが原因だったりもします。

何事も本気で解決せねば!という気持ちがないと、
見えてこないものってあります。
そして、同じような問題や、いろんなほかの問題を
悩んでいる人を見ている時には、
「そこじゃないだろ!」と見抜けるのに、
こと、自分のこととなると、見えにくいのは、ひょっとしたら、
自分の中の一番核となる部分の声に
耳を傾けていないからかもしれませんね。

自分自身でもそうですが、だからと言って、
さあ、「そこを見つめなさい」といったところで、
準備ができていない心は逆に悲鳴を上げることもありますから、
何事もタイミングは、大事、大事。

人生を生きていくのは大変ですが、
おおよその場合、問題は時間がないとか、資金がないとか、
人手不足とか、まあ一般に言われていることは、
表面的に見える原因でしかないことが多いです。
そこを補ったところで、根本的な意識が変わらないと、
その問題はまた降ってくることになりますから、
解決したつもりが逆戻りってこともありますよね。

今回、私が翻訳した本の主題も「願えば叶う」という内容。
でも、その願いに対する思いを積み上げていく、
バージョンアップしていくことのきっかけが、
日常の色んな問題だったりする。
だからこそ、ピンチはチャンス。
じゃなければ、日常をわざわざ変える必要は、
差し迫ってきませんから、気になることがあっても、
このままでいいや~ってことに。
それに、差し迫った問題がないのに、あれこれ、
気になった部分を触って変えてしまうと、
軸がぶれてしまいます。
何しろ人間の感覚って、あちこち揺れ動くのが本質。
先にあるビジョンがクリアーなら、多少揺れても、
本質に戻るんでしょうけど。

「願いをかけること」ってそういう意味で大切。
自分が本当に何を求めているのか、
それには何が足りなくて、何が必要なのか。
素直に心を開いて、分析してみるのもあり。
だからこそ、ピンチはチャンスなのですから。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター
スポンサーサイト



EDIT  |  03:53 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |