FC2ブログ

2017.09/09(Sat)

【だんな様は霊能力者】 こんなことが起こらないように準備する 

今日はお釈迦様のご縁日。
一年ほど前にいらしてくださった方も含めて、みんなで読経を。

その前後で、先祖供養のお話や実家の心配事、
そして、人間関係などなど、多岐にわたる話になりました。

幼いころから、こんなことが起こらないように準備をしなさいと育ち、
学校に行っても将来のために、社会人になってもこうならないようにと
準備をしておきなさいと言われて過ごします。

まあ、準備をしていたから起こらずに済むことも、
慌てずに済むこともあるでしょうけど、
準備のしずぎは、自分を縛ります。
そして、結果的に、その準備が必要になるような未来を
自ら招いてしまうことも少なくありません。

「おおよそのことは起こってから対処しても遅くない」

その通りなんですよね。
あれも、これもと心配して、準備のために「今」を過ごすのは、
ちょっともったいない。
心配だからと、家族であれ、行動を制限したりするのは、
他人の人生に口出しをすることになりますから、
そのあたりの心理的距離間、しっかり持つ意識は、
場面、場面で繰り返し意識しましょう。

知らない間に、自分はクールなつもりでも、
相手にあれこれ思うときは、はっきり言って、
距離が近すぎます。
人は誰でも自分の人生を生きているのですから、
自分の思うところを伝えたら、あとは、本人次第。

また、この前のブログの繰り返しになりますが、
こういうことがあったから、相手からこんな言葉が返ってくるだろう
などという期待も、心理的距離が近すぎます。
相手からすれば、勝手に期待され、その言葉がないだけで、
勝手に裏切られたと思われるという(苦笑)
何が起こっているのか、まったくわからないだけのことに。
また、相手に期待し、裏切られたと思って、
心を乱されて疲れたり、ため息ついたりするのは、
ほとんど独り相撲に近いです。

相手から思うような反応が返ってこなければ、
確かにがっかりしたりすることもありますが、
それは、それ。
相手も相手の人生を過ごし、あなたに対するのと同じ態度を
誰にでもとっていたとしたら、その反動は本人に返っているはずですから、
ご安心~~。

まるで、正義のヒーローみたいに、自分が何とかしなくては!
と思うのは、渦に巻き込まれて身動きできなくなる自分を作るだけ。

他人とは関係なく、自分が自分でありたい姿にこだわって行きましょう。

また、いろんな問題が目に付くからと言って、
あれこれ早く早くと解決しようとすると、
自分が混乱します。
原因がわかったのなら、ひとつひとつ。
ゆっくりひも解くように時間をかけて、次を見据えましょう。
焦ると傷が深くなることもありますものね。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター



スポンサーサイト



EDIT  |  04:06 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |