FC2ブログ

2017.09/19(Tue)

【だんな様は霊能力者】 お彼岸の空気 

毎年、彼岸の度に言っている気がしますが、
う~ん、彼岸の空気が濃いです。
ただ、彼岸の空気も次第に濃くなり、次第に収まるので、
ここ数日は、空気がまさに濃くなるのが肌でわかる。

感覚のある人たちは、大変ですね。
とはいえ、見えても見えなくても、
感じても、感じないと思っていても、
空気は確実にお彼岸に向かっていますので、
その影響は無意識にも大きくなります。

この時期、いわゆる見える人にとっては、違う意味で大変。
同じ見えないはずのものが見えるにしても、
この時期には、本物を見間違えるほどだそうで。

お弟子さんKさんは見えて仕方なく、
現実との違いが判らないぐらいになることがあるそうで。
まったく見えないだんな様との答え合わせで判断、だそうです(苦笑)
また、最近は「目で見ない訓練」絶賛開催中。
まったく見えなくなるのは無理でも、訓練すればある程度は、
コントロールできます。
また、ちょっとした怪我や体の不調があると、
余計に見えやすくなるといっていました。

また詩乃先生は、先日自分のブログでも書いていましたが、
久しぶり、トイレの花子さんみたいなものに遭遇。
久しぶり、とは、昔、ある会社のトイレにいたものに、
こんな場所じゃなくて、もっといい場所があるのに・・・と思ったとたん、
「余計なお世話!」という言葉がドンと降ってきたという(苦笑)
で、今回のトイレの花子さんは、気合が入っていて、
なんと!トイレの水をレバーを押して流していた!!!と。

二人とも、ビジュアルが強いので、見えて大変!
道を歩いていて、ぶつかって、すみませんと謝ってしまうぐらい、
現実味があるそうです。。。

さて、さて、こんな話、興味本位で見てみたいなど、
思わない方が無難です。
なんといっても相手は、生きている人間からすると、
反対のエネルギー体。
特に、そのあたりをうろうろしている存在となると、
この世に対する未練がいっぱい。
その内、自分が人間だったことさえ忘れてしまったまま、
うろつくことだけは繰り返す・・・みたいになると、
マンガで描いているような「絵」になるわけです。

霊はそもそも、どんな姿も取ることができるはず、ですが、
だからこそといった方がいいのか、
心の状態のままの姿で姿を現すのが普通。
もっと、厄介な存在になると、その姿を偽ることさえある。
なので、目ではなるべく見ない訓練をしています。

人間だって、ちょっと見ただけでわかる人もあれば、
見かけによらない、見かけに騙されてはいけない、
ちょっと優し気な感じの人ってありますものね。

とにかく、この時期は感覚のある人にとっては大変な時期。
体調も、悪いところがさらに悪く、
大したことがない部分が、きりきり痛んだりしますので、
あまり大騒ぎしないで、後一週間ぐらいは様子を見ましょう。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

スポンサーサイト



EDIT  |  04:15 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |