2017.12/24(Sun)

【だんな様は霊能力者】 健康ということ 

「健康であると言うことは、病気でないということ以上の事」
とは、スピリチュアルな本の中によく出てくる言葉。

正確に言えば、病院に行って確定診断を受けるまでは、
病気ってことにならないことも。

だから、ただ調子が悪いだけでは、病気かどうかもわからない。
気持ちが負けて、病気みたいな精神状態、身体状態になっている事もあれば、
その逆で、本当は体が悲鳴を上げているのに、
その声がまったく聞こえていない時もある。

実際に病気になってしまえば、確実な治療を受けて、
対処していく中で、できるだけ元に戻れるよう、努力をするしかないけれども、
なんともこのあたりは、グレーゾーンが多くて、
判断にも迷うところ。

それに診断が出ても、なんとなく腑に落ちないこともあれば、
様子を見ましょうということしか対処がなく、
薬も何も出ない事もあるわけで。

こうした判断は、自分でも難しく、病院に行っても難しいという
悩ましいところ。

それに感覚の鋭い人は急に体調や気分が豹変したりしますので、
余計に体に負担がかかってしまいます。
日頃から、体力をつけて、浄化をすることで心の状態をフラットに保つことも
含めて、自分の体調を観察しておく必要があります。

おおよそ、被って出てきた症状で確定診断してもらうのは、
かなり困難。
ずっと以前に、被りが上手く祓えなくて、病院に行って、
胃カメラまで飲み、数日入院したのに、原因不明。
でも明らかに、体のどこかで炎症が起っている血液状態。
という事になった経験があります。
ともかくは、被りを抜いて、体が元の状態に戻るのを待つしかありません。

こんな時に被りが抜けないと、薬が全く効かなかったり、
どの薬を飲むべきかが判断できない状態になることもあります。

元気でいること。
多少の事があっても、自分が元気な状態に戻れることを続けておくこと。
それが、何より日々の充実につながります。

感覚の鋭い人で言えば、「健康な状態とは、多少の影響を受けて、
症状が出ても、元に戻す体力、気力をつけておくこと」
という事になるのでしょうか。

ともかくも、
私も被って、クラクラしたり、頭が痛くなったりする事はありますが、
自分の浄化を繰り返すことと、自分の気を強くすることで、
今日も、やるべき事をやれる、一日を過ごすことができています。

明らかに体調が悪いときは、できるだけ早く、
まずは受診しましょう。
それでわからなければ、他の原因を疑いましょう。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

スポンサーサイト
EDIT  |  02:41 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |