2018.01/16(Tue)

【だんな様は霊能力者】 祈りの姿勢 

いま、取りかかっている翻訳本は、意識を送って、
それをどう数値化するかに苦労している科学者の本。

「意識を送る」って、本当にできるの?とか、普通なら思いますが、
いや、そんなもの、送れるにきまってるでしょ、というのが、
ここでの常識(爆笑)

送られてくる意識、送ってしまう意識の中には、
好ましいものも、そうじゃないものも、含まれているから、
感じ取れる人からすれば、用心したい部分。
できれば、シャットアウトできることも科学して欲しい・・・。

今日は、神様の御縁日で、数人の人にお参りいただきましたが、
逆に今度は、神様への祈りは、しっかり届けたい。

その前に、しっかり祓わないと、祈りが届くところまでも
行き着きませんものね。
だから、基本は祓い、祓い、みそぎ、みそぎ。

神社や寺院にお参りに行くときは、しっかり前を向いて、
途中の猫に挨拶しつつも心奪われすぎることなく、
途中で、世話人の方に挨拶されても、
神様にお会いに行っていることを忘れずに。

行く前に、家を出るときに「今から行きます」と、
宣言してからいきましょう。
その道すがらからも、ちゃんと見守られているはずです。

お参りが付いてきたら、お参りに行くが平気になったら、
次は祈りの姿勢をよくよく確認してみましょう。
お願い事だけになっていないか。
心から信じる気持ちに隙がないか。
そのときの重点事項を決めてみましょう。

いくら、神様のお祓いを受けても、
自分が脱ぎさらなければ、脱げない、祓えない。
まずは、行動、その次は、そこに乗せる気持ち。
両輪がそろったときに、次のページに進むようになってます。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター





スポンサーサイト
EDIT  |  04:09 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |