FC2ブログ

2018.02/21(Wed)

【だんな様は霊能力者】祈りと現実 

ボツボツとブログを書いていますが、
ただいま翻訳中の本の内容は「祈り」について。

内容はともかく、とてもとてもスピリチュアルな響きのすることに、
現実的(一文、一文確認)に取り組んでいます(笑)

時に、祈りと現実は、両極端のもののように感じられます。
もちろん祈りの内容にもよるでしょうけど、
祈るときは、基本、まだそれが目の前に現れていないと思い、
そこに至りたい、と願うことも含まれています。

先日、ある心のブロックが取れたという方がいらっしゃいましたが、
その方が受け取った言葉は、
「宇宙はいつも、こんなにすべてを与えているのに」
という事だったそうで。

身近なところでいえば、ここのところ寒い、寒い。
早く、暖かくなりますように。
な~んて、祈ったところで、少し暖かくなると、
快適!ではなく、ぼわ~んした空気に眠くなるとか。

そうそう、人の心はコロコロ変わるし、
自分の思いが間違っていても、いや~こんな風に願った訳じゃないのに
というを、知らない間に繰り返しているのかもしれません。

先日、あることにとても不安がっている人がいて、
そんなに不安なら余計に、どうしよう、どうしようじゃなくて、
祈るしかないじゃない!と、アドバイスしたところ、
帰ってからすぐ、そうされて(→ここが、凄い!迷いがない)
すぐに安心するような連絡が入ったそうで。

だんな様と二人、その方の実現力にはいつも感心しているのですが、
人は、焦ったり、不安になると、自分が出来ることまで見えなくなってしまいがち。
私もそんな時があるわ~~と(苦笑)

不安になったら、焦ったら、まずは現実的に解決しましょう。
でもって、自分がやれることをやったら、後は祈りましょう・・・。

祈りも願いも、何度でも修正が効きます。
というか、何度でも修正しながら、理想を作り上げていく
プロセスって大事ですよね。

でないと、ぱっと実現し、ぱっと消えてしまう。
現実の時間の積み重ねほど、この世界で確実なものはない、
と思います。
そうならないなら、修正、修正。
自分の修正はいつでも効くのですから、潔く認めて
方向変換しましょう。
いくら、周りに向かって、こんなつもりじゃなかった、と
言い張ったところで、修正は効きません。

そして、修正が効くのは、自分が思い浮かべる未来だけ。
誰か他の人のそれは、修正できません。

あしからず・・・

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター


スポンサーサイト
EDIT  |  04:48 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |