2018.03/03(Sat)

【だんな様は霊能力者】 春の空気の重さが 

3月に入り、お約束のような陽気と、お約束の空気の重さ。
ああ、供養月だった・・・と思い出しました。

まあ、それにしても、しっかり忘れず空気が重くなるとは、
なんとも律儀なものです。

今日は、最近メンテナンスに通っていらっしゃる方の
気療でしたが、いらしてみると、元気な感じに、
重い空気がまとわりついていました。
こちらは、供養月というより、誰かからの念が・・・。

人の気持ちとはなんとも複雑なもので、
面白くない、面白くないと思い続けている人は、
自分のエネルギーを浪費しながらも、
その思いを飛ばしてしまうことがあります。

まずは、自分が飛ばさないこと、大事です。
終わったことをいつまでも考えない、ってこと。
考えるのであれば、なぜ、なぜ?という気持ちではなく、
次は、これからは、どうすれば???と考えてみる。
で、わからなければ、とりあえず流す。

同じ「考えてみる」プロセスですが、
出てくるオーラは、全く逆。

また、念を受けやすい人というのもいます。
頑張って、誰かに合わせている人。
つまりは、相手にとって、わかりにくい人、
誤解されやすい人は、念が飛んでくることが少なくありません。

こんな時、さらに相手に合わせても、相手の違和感は
増すばかりですから、対処法は、ズバリ!
相手に合わせて無理しないこと、
迎合しないこと、
いい人を演じすぎないこと、
いつも自分らしくいること、
自分のエネルギーをしっかり高めておきましょう。

たかが人の思い
されど人の思い

初めはそれほどと感じなくても、あなたの体は
正直に、その思いを受け取っています。
ストレスのかかった体は、やがて、本当に
症状として現れることになります。

また、飛んでくる念を気にしすぎても逆効果。
わざわざ相手のところまで、今度は自分の方が
気になって、のぞきに行ってしまうことになりますから、
ま、自分に関係ないことには、なるべく首を突っ込まない
というのは、何より自分を護るのに大事な心がけ。

無関心、というより、
自分が輝くことに関心を寄せることを忘れない、
という表現に近いと思いますが。

ただでさえ、供養月は、気分が落ち込みがち。
今週のご神託にもあったように、
ひとつひとつ丁寧に。
今月は無理せず過ごしましょう。

まだまだ、風邪やインフルエンザに罹った話を
耳にします。
体調の不安定さも被りを余計に引き寄せます~~。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

スポンサーサイト
EDIT  |  02:52 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |