2018.04/03(Tue)

【だんな様は霊能力者】 被りは症状を増幅させます 

先日からひいている風邪。
やっとのことで、大分良くなりました。
が、まだまだ咳が残っていたり、
嗅覚がおかしいな?と思ったり。

たかが風邪ですが、がっつり被ると、
血流が悪くなるので、折角治りかけていた症状が悪化。
な~んてことも少なくありません。

また、被ったことで出てきた症状であれば、
被りを祓っただけで、あれ?治ってしまった?と
思うぐらい、あっという間に改善することもあります。

ただし、被りだけで調子が悪くなるってことは少なく、
実際に、弱っているところが、調子が悪くなることがほどんどなので、
無理は禁物。
とはいえ、被る体質の人は、日頃から、
多少の不調があっても、日常を普通に送れるほどの体力を
つけておくことは、何より大事です。

でないと、いちいち大事になってしまうし、
被りで気持ちが負けると、それこそ、
初めは大した症状でもなかったものが、
だんだん、本当の病気につながることもあるからです。

だから、最低限できることは、日頃の被りは、
しっかり落として、体力をつけておくこと。

外からの影響を何でもかんでも受け取ってしまう体質でも、
「自分」の感覚を失わない、気持ちの強さが
何より求められます。
得てして、スピリチュアルな人は、どうしても、
外から来た影響の存在に、自分を明け渡してしまうことが
少なくなく、気がついたら・・・とか、知らないあいだに・・・
なんて言うことがあるかもしれませんが、
対象がどんなに高尚な存在であれ、
すべてを明け渡すというのは、ちょっとね・・・。

また、すべてを明け渡さずとも、
信号をキャッチする度に、
あっちに呼ばれ、こっちに呼ばれた感じになるというのも、
自分が自分の日常を送っていく「軸」を大事にした上でのこと。

体が弱ると、心も弱り、弱った心や頼りたい気持ちで
アクセスする存在は、なかなか厄介です。

いつも最低限にでも、自分を自分らしく保つという、
客観的な目を忘れずにいたいものですね。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

スポンサーサイト
EDIT  |  04:18 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |