FC2ブログ

2018.05/15(Tue)

【だんな様は霊能力者】 不調と呪いや祟り 

スピリチュアルな世界と、目に見えない体の不調。
別々に語られることが普通ですが、実は分子、量子レベルまで
見つめると、同じ「語彙」で語ることが出来るようになったりします。

今日の話題は、臓器の中で起る「電荷」が引き起こす体の不調。

今日、翻訳していた部分でもでてきましたが、
人間の体には、磁気があり、電気を帯びています。
その体がたの電界の影響を受けたら・・・
そりゃあ、不調が起るに決まっている。

ひょんなことから、この話題になりましたが、
その状態と、「呪い」や「祟り」がかかった状態は
非常に似ていると、だんな様。

強い、あるいは、様々な電気が溜まりすぎて、
不調となっている細胞の中は、ヒートアップ状態。
外界等からの刺激が、細胞の中で、熱を持ち始める・・・。

今日、お話をお伺いしたお医者様は、
今まで見たことのないものがみたい。。。
そんな気持ちで、顕微鏡をのぞき続けたと
言われていましたが、

確かに見えないものは、見えません(苦笑)
見えないから、ない訳ではないし、
見えない理由は、探せないからでもなく、
顕微鏡の倍率のせいでもなく、
それを測る、あるいは、見つけ出す視点が
少し異なっているのかもしれない。。。

ま、そんなこんな話に囲まれているので、
一応、話にはついて行けた?

そうそう、そんな事より、電気を帯びすぎて、
電気信号の回路が、おかしくなってしまった体内。
元に戻すにはどうしたらよいでしょう?

電気信号をフラットに戻すと、必要な情報まで伝わらなくなる。
強くすると、ますます、熱を持ち始める。

だから、静かに、静寂の中で心を静める時間が必要。
ヒートアップした細胞内の温度を下げる必要があるでしょう。
また、頻繁に使う神経回路は、常に強化されているので、
自分がわくわくすることに集中するのも、フラットに戻す一つの
手法でしょう。

フラットに戻す時間を持つことの大切さを、
改めて異なる角度から確認した次第。

頑張り過ぎも、こんな理由で、あるとき上手くいっても、
長く続かず、どこか調子を崩す理由のひとつでもあるのでしょう。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター


スポンサーサイト



EDIT  |  06:13 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |