FC2ブログ

2018.06/11(Mon)

【だんな様は霊能力者】 こんな感覚がなければ・・・ 

普通より感覚の鋭い人が良く言う言葉。
「こんな感覚、なければいいのに」

人と違う感覚が開いたままの日常生活は、
ただでさえストレスフルな日常がさらにストレスフル。

世の中の音がものすごくうるさく感じたり、
人が見えないものが見えたり、
普通人が、感じないことが感じられたり、
ほかの人から伝わってきたり。

数え上げればきりがないですが、
何より、人と違う、ということに、初めはとても
恐怖を感じるものです。

だんな様をはじめ、そんな人たちをたくさん見てきましたが、
そういう感覚を完全にシャットアウトするのは不可能。

今日も、そんな感覚のとても鋭い人に会いました。
確信したのは、人の思いや、幽霊、妖怪、そして、神仏。
外から感覚として入ってくる通路は、基本的に同じ。
そして、そこが何かの拍子に曇ると、
幽霊や妖怪などが見えてしまう。
神仏が見えなくなったり、感じられないときは、
まずは自分の被りや穢れを疑ったほうが良いと思います。

神仏の声や教えは、常に日常の中にあり、
それを受け取るかどうかは、自分の感覚次第なのですから。

そして、被りや穢れを疑っても、これがまた、
簡単に浄化できないのが悩みどころ(苦笑)

まずは、自分の中にまで影響しないよう、できるだけ自分で排除できるよう、
体をしっかり鍛えておくことです。
心の中までしみ込んでしまうと、本当に浄化が難しくなります。

いろんなことが流れ込んできたり、それで急に体調が悪くなったり。
そんなときに、「これは自分ではない」と思える肉体的強さが、
まずは一番の防衛策。

また、自分の感覚が曇ってないかどうか、
常に検証することも大事でしょう。
検証は、とても簡単(笑)
まっすぐ、神仏と向き合えるかどうか、それが基準です。


連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

スポンサーサイト



EDIT  |  03:26 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |