FC2ブログ

2018.11/30(Fri)

【だんな様は霊能力者】 今週のご神託 

昨日は、不動明王のご縁日の後、
いつものように伝授。

不動明王のご縁日では、経を修め、
その後、護身法の補講と、眼の気治療を。
そして、この頃はじめられた空手の三戦立ちを、
だんな様に指導してもらって、雨が降り出す前に
無事にお帰りになり、安心しました。

実は、昨日来られた方は、こちらに来られるときは、
必ず雨が降るという、雨女。
(それ以外の時は、そうでもないそうです)
それもからならず大雨レベル。
数年前、先祖のお墓の問題を片付けようと頑張っていらっしゃった頃、
たまたま同じころに同じような問題を抱えた、これまた偶然に同じ
姓のご先祖のお墓の問題を解決しようと頑張っている方と
二人がそろうと、必ず雨というときがありましたが、
このところ、その雨も降らないようになってきました。
お二人の努力はそれは側で見ていても、素晴らしいものでした。

さて、その後は伝授。
いつものようにご神託をお届けします。

*********************

今年も残すところあと一か月。
色々と己を見直してみるがよい。

今、何をすべきか
今、何を言葉にして伝えるべきか

間もなく年が変わる。
今、見直したことが来年の運を開いていくだろう。

見直しの月、である。

****************************

そんなお言葉でした。
私の昇段審査をはじめ、出雲への参拝旅行など、
イベントと言っても、夢中で通り過ぎた時間の中で
付いた力は、時間が経つまで実感しにくいものだったりしますし、
どんな視点で、どう落とし込むかは、自分次第。

この年、ただ通り過ぎて頑張ってきた時を
もう一度しっかり、それも次につながる視点で振り返ることができたら
素敵ですね。

実際、自分のことはわかりにくくても、出雲の参拝旅行に出向いた人たちは、
側で見ていても、はっきりわかる成長ぶりを感じます。
主催した、そしてそれをしっかりサポートした3人の内弟子さんたちをはじめ、
参加された一般の方々も次々と、ある区切りをつけて踏み出されたようです。

行くときと、帰るときの、参加された人たちの輝きが全く違った。

とは内弟子さんの中の一人の言葉ですが、それが何故だったのか
理由はひとつであってもなくとも、ひとつのことを成し遂げた人たちというのは、
必ず成長するものです。
と、人のことはわかりやすいので、たぶん、私もあのかなりプレッシャーのかかった
経験の後、少しでも成長できているはずだと信じて、次に進みます。

そうそう、こうしたイベントでは必ず成長の変化を迎えますが
それまでかかっていたプレッシャーがイベントが終わってなくなるのではなく、
そのプレッシャーが平気になる。

その強さが、次の「思い通りの人生」を引き寄せていくのです。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター


こちらもどうぞ→アメーバブログ【だんな様はメンター】
https://ameblo.jp/kumishimazu/entry-12414940519.html

スポンサーサイト



EDIT  |  05:01 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |