FC2ブログ

2019.02/15(Fri)

【だんな様は霊能力者】 今週のご神託 

昨日の伝授では、いつものようにご神託をいただきました。
その前に、ご依頼の、供養を行い、内弟子さんたちを含め、
心を込めて、読経をしました。

人にはそれぞれの人生があり、その終わりにも色々な形がありますが、
本人が幸せだったか、心残りがあるか、ただどちらに進んだらいいか
わからずにいるのか、お一人お一人、その状況も、心の状態も
異なります。

ご家族や知人にとっては、難しい時もあるのでしょうが、
ご本人も含めて、区切りをつけて次に進むよう送り出す。
大事なことなんだと、こんな機会に思い出させてもらいます。


さて、今週の御神託ですが、仕事で忙しい中、
N氏がいつものようにご神託を取ってくれました。

**************************
2月に入り、時の流れが止まって戸惑っているものも多い。

自分の心が鎮まれば、その周りはおのずと鎮まってくる。

今年の乱れは大きい、また、長く続く。

祈りの時、心ここにあらずではその思いは神まで届かない。
また、祈ってもすべてを神任せにしては、
何も起こらぬ。

自分で行動せよ。
自分で乗り切る気持ちをまずはしっかり持つこと。

何も起こらぬ人生は、何も学ぶことがない。

この乱れぐらい乗り切れなくてどうする。
しっかり、歩むこと。

*************************

という、励ましの御神託でした。
私の周りでも、予期せぬ出来事が起こったり、
ある程度、予想できていたはずが、予想より心乱されたり
といったことが起こっています。

心を柔らかく持って、臨機応変に、冷静に対応できる心の状態を
保ちましょう。
自分がやるべきことを、当たり前のように心や体にしみ込ませておくこと、
その繰り返しが、今の自分を作っています。
そこを怠って、先に進んだところで、
「怠っている自分」を知っているのは、何より自分。
そういう時の人間は、自己保身に走り、なかなか良い仕事もできず、
空回りを初めてしまいます。
ついつい、言い訳から話が始まる、不安から言葉を発する。

そうなると、今度は周りが気づきだす。
そんな順番です。
決して、周りがこう思うから、自分が不安になるという順番に
ならないよう、そこは自分の心をちゃんとコントロールしてください。

心を自由に保つのと、心を暴走させたままにしておくのは、
似ているようで、全く非なるものです。

伝授では、その後、「祈り」について深い話になりましたが、
祈っている自分のまま、いかに「日常」を生きていくか。
それが、心の冷静さを保つ、大事な鍵です。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト



EDIT  |  04:11 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |