FC2ブログ

2019.03/18(Mon)

【だんな様は霊能力者】観音様のご縁日と先祖供養 

今日は観音様のご縁日。
お仕事が休みということもあって、
数人の方々にお詣りいただき、
皆でお経をあげました。

こうした時間を持てること自体、
心穏やかに、神仏に向かう時間があること自体、
とても幸せなことだと、そんな話になりました。

人間のこころは移ろいやすいので、
こうして、幸せで埋め尽くせばよいだけの時間に、
あれが欲しいです、これが欲しいですとお願いしてしまう(苦笑)
人間ですから、欲はあって当然。
だけど、それはお願いではなく、どうすれば現実的に
叶えていけるのか、工夫をすることから始まります。
その工夫の中に、ちょっとしたヒントをもらうとか、
後押しをしてもらうとか、チャンスが落ちてくるとか、
そんな形で、神仏はそっと背中を押してくれます。

自分が欲しいものが100全部あっても、
101個目のものが目の前にないと、不満な気持ちになってしまう。
不安な気持ちになって、幸せは続かないと思ったところで、
落ち着いた日々は、ずっとやってきません。
まずは、自分の今あるところで、どれだけ幸せな気持ちでいられるのか、
そして、次を目指すのであれば、本当に望むものを取捨選択していく
けじめが必要です。

ご縁日の後は、先祖供養の千座(1000日)行を満行して、
区切りに、先祖供養をとお願いされた方の先祖供養を行いました。
とても、気持ちの良い先祖供養とは、あるようでこれまた珍しい。
今日は、だんな様が一人で読経を行いましたが、
語り掛ける、沁みとおるお経に、頭ではなく心がお経の世界に。
なんだか変な表現ですが、お経の意味がよくよく分かる、
よくよく沁みとおる時間でした。
これも供養を重ねた本人が、日ごろから心を込めて、
供養をしてきたからのことだと思います。

先祖供養は、これからも続くでしょう。
というか、生きている限り続きます。
義務感ではなく、自然と体に染みつき、そして、その習慣化した中にも、
心を籠めることで、ますます、互いに伝わりやすくなっていく。
それが先祖供養のひとつの形だと思っています。

こんな供養に加わって、こちらまで幸せな気持ちになる。
ありがたい経験です。


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト



EDIT  |  03:46 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |