FC2ブログ

2019.03/29(Fri)

【だんな様は霊能力者】 今週のご神託 

昨日はいつものように伝授。

その前には、用事で隣駅まででかけましたが、
桜の花が長持ちしそうな少し肌寒い一日でした。

今日も、夜になるとコートが必要なぐらい冷え込みます。
ここ数年、3月の終わりともなると、暖かくなっていた記憶があるので、
余計に、肌寒さを感じているのかもしれません。
夜の、桜見物は、要暖房な感じ。

そんな中、いつものようにお弟子さんたちが集まり、
供養や、仕事についての話などなど、朝まで続きました。

春休みでお仕事が忙しい、N氏も早退の予定が、
神様の方から催促されて(笑)ご神託を下すことに。

***************************
時の流れが速くなっている。
これから先、ますます早くなるだろう。

神界もまだ落ち着くまでにしばらく時間がかかる。
したがって、人間界が乱れるのはある程度仕方のないこと。

流れが速いがゆえに、周りの空気に流されやすかったり、
過去のことを思い出して、感情まで乱れたりしやすい。

いまはただ、いまなすべきことに集中せよ。
**************************

というのが、今週の御神託でした。

気が付けば3月も後数日。
4月に入れば、新たな元号も発表され、
5月一か月をかけて、天皇が変わる儀式が続くようです。

その間、昭和、平成はこんな時代だった・・・といったような
テレビ番組や人との会話が頻繁に起こってきます。
その中で、昔はこうだった・・・と思い出すだけならいいのですが、
どうしても人というのは、過去を多少なりとも美化して記憶していることが
少なくありません。
そこで、今を幸せでないとか、あれこれ不満を持っても、
基準があやふやなので、あやふやな記憶に振り回されるだけに
なってしまうことも多いです。

また、頑張って修行をしていると自覚をしている人たちの中にも、
昭和、平成と生き抜き、次の元号へと時代が変わるタイミングで、
これまで積み残した、「日常の修行」があらわになってくることもあります。

霊能者の場合、修行は、仕事や家庭も含めて、
24時間自分らしさを忘れないこと。

それが周りからも認められるオーラと威厳を身に着けていくのも
大事な修行。
こんな時、意外と難しいのが、家族との関係。
相手は、これまでの延長線上であなたを見つめますが、
あなた自身は生きることを修行ととらえ、一歩高いところから、
自分の生き方を貫いていく決心をしたのならば、
そこに多少のさざ波は、起こるのが普通でしょう。

また、神や仏とのご縁は、「宣言」に等しく、
神仏とともに歩む人生を送りますと、約束したに等しいのです。
神仏、という信仰の対象からのプレッシャーではなく、
自分でその道を選んだ、という意識を忘れずに、日常を過ごすことが
なにより「修行」なのです。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  05:09 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |