FC2ブログ

2019.11/17(Sun)

【だんな様は霊能力者】 神仏との関わり方 

ここ数年、神社仏閣へのお詣りが、集印帳とともにブームになりました。

また、外国人観光客も増えて、どこに行っても人でにぎわっています。
まあ、騒がしいなどと、非難めいたことをいうのは簡単ですが、
自分が観光客として外国に行くと、あらま、その国の人からすると、
こんな感じなのね~~と思ったりします。

ともかくも、心静かに祈れるように、どこかにお参りするというのが、
難しくもなっているようです。

それに従って、当地で働く方々の心の余裕も少なくなっているのか、
心地よい対応ができない状態にもなっている。

でも、スピリチュアル的に言えば、これは全部、人間事なんですよね。
人が集まり、人が騒ぎ、人が観光する。

神社仏閣を観光する場所ととらえるならば、どこに行かれても、
どれだけ行かれても大丈夫です。
ただし、祈祷をお願いしたり、祈りを込める場所となると、
できるだけ、フォーカスを決めた方がよろしいかと。

特に神社に祀られている神は、人間社会の構造と一緒です。
自分のお願い事、困っていることを、あっちにもこっちにも
お願いしてしまうと、そのお礼をするのも一苦労ってことになります。

また神界もざわつくことがあり、今年のように時代が変わるときは、
神の世界も人の世界も、落ち着かない感じになります。
ありがたいことに、ようやく神の世界は、落ち着きを取り戻しつつあります。

ですが、これからも神社仏閣が静かな祈りの場所となることは、
残念ながら期待はできそうにありませんから、
まずは祈る側が、心静かに、人間の気持ちに振り回されずに
お詣りできるような姿勢で、事を進めるのが良いかと思います。

行やお詣りは、事を思い立ち、事を計画し、実際に詣でるなどして、
帰宅するまで、すべてが「修行」です。
心のどこかに常に緊張感をもって、臨みたいもの。

気軽にお参りするのもよろし。
真剣に祈りを込める詣りもよろし。

要は目的次第で、事の進み方が、異なるということです。

だんな様は霊能力者:http://kumisensei.blog21.fc2.com/
  
だんな様はメンター:http://ameblo.jp/kumishimazu/
kumiのブログ-バーナー

お問い合わせはこちらへ
http://www001.upp.so-net.ne.jp/adeptmentor/
Adept・Mentor 島津相談室
スポンサーサイト



EDIT  |  03:55 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |